海外添乗員 英語

海外添乗員に最低限必要な英語力って?

海外添乗員の仕事先は、もちろん日本ではありません。「海外添乗員」というだけあり、仕事先は海外です。そうなると気になるのは「英語力」ですよね。もちろん日本のように、すべての国が英語圏なわけではありません。しかし英語は世界共通語です。どの国で働くにしろ、今は「英語が必須」の職場も多いですよね。では、海外添乗員として働くためにはどのくらい英語ができれば良いのでしょうか?「海外添乗員と英語」についてお話ししていきたいと思います。

 

海外添乗員は海外での仕事が主になりますが、実際「英語を使う機会」はあまりないのが現状です。なぜかというと、海外へのツアーパックには日本語ガイドが現地で同行するパターンが多いからです。確かに旅行をするお客さんが現地の言葉を流暢に操れるとは限りませんし、日本語のガイドがつくプランが多いです。その場合は海外添乗員が英語を使うことはほとんどないと思います。

 

しかし、アフリカや中近東へのツアーの場合に同行するのは日本語ガイドではなく英語ガイドが多いです。そうなるとガイドとのコミュニケーションなどは英語で行うことになります。流暢な英語でなくても良いですが、日常的な英会話くらいは話せたほうが良いでしょう。

 

海外添乗員が英語を話す機会といえば、空港やホテルのチェックイン、レストランでのメニューの確認などでしょうか。通訳ができるほどの英語力がなくても海外添乗員になることは可能ですので、英語に自信がないという人も諦める必要はありませんよ!

 

派遣会社によっては「英検2級以上」などと設けているところもありますが、「旅行綜研」なら英語に関する資格は何もなくても登録可能です。登録してから基本的な英会話を学べば良いので、英語に自信のない人も安心してくださいね。まずは「旅行綜研」の説明会に参加してみると良いですよ。