海外添乗員になるには

海外添乗員になるにはどうしたらいいの?

「海外添乗員=ツアーコンダクター」に憧れている人は多いです。世界各地でテキパキとした指示を出す海外添乗員は、とてもかっこいいですよね。そんな「海外添乗員」になりたい!と思ったとき、どうしたらなれるのでしょうか。今回は、「海外添乗員になるためにはどうしたら良いか」についてお話したいと思います。

 

海外添乗員になるには、学歴は関係ありません。専門学校などに行く必要はありませんので、中卒でも高卒でもなることは可能です。海外添乗員になりたい!と思ったら、まずは「添乗員専門の派遣会社」に登録してください。これから添乗員を目指そうと思っている人(未経験の人)でも大丈夫です。登録をしたら、未経験の人は「基礎添乗業務」という研修を受けることになります。この研修を受けてテストに合格すれば、添乗員としての「資格」を手にすることができるのです。

 

添乗員になるには学歴は必要はありませんが、資格は必要なのです。この資格を取るために、2日間ほどの研修を受けることになります。資格を取得したら、あとは「添乗員としての実務経験」を積むだけです。先輩添乗員の補助員としてツアーに同行することから始まります。海外添乗員になるためには、このような流れが一般的になると思います。

 

添乗員は、旅行の企画や手配、そしてパック旅行や団体旅行に同行する、いわば「まとめ役」のお仕事です。いろいろな添乗員派遣会社がありますが、未経験なら「旅行綜研」がおすすめです。研修制度が充実しているので、未経験でも安心して取り組めると思います。