海外添乗員 給料 年収

海外添乗員のお給料「年収」は悪い?

「海外添乗員」という職業を聞いたことがありますか?海外添乗員は、「ツアーコンダクター」とも呼ばれています。海外添乗員に憧れる人も多いのですが、その一方で「添乗員は給料が少ない」とも言われています。海外添乗員の給料とは、一体どのくらいなのでしょうか。

 

一言で「添乗員」といっても、国内添乗員と海外添乗員に分けられます。国内添乗員は主にバスツアーなどの添乗員、海外添乗員はパック旅行や団体旅行などに付き添うことが多いです。国内は日帰りや1泊が多いですが、海外の場合は様々です。10日くらいのパックのこともあります。
気になる海外添乗員の給料ですが、今、添乗員のほとんどは「添乗員専門の派遣会社」から派遣された「派遣社員」です。その給料は日当制であることが多く、「何日旅に出たか」で給料は大きく変化します。1日あたりの日当の相場は8000円〜9000円くらいです。ベテランの添乗員になっても、日当は17000円くらいだと思っていてください。

 

海外添乗員の場合、この「日当」のほかに交通費や打ち合わせ、ツアー中の食事代などはすべて支払われます。1ヶ月で7日間〜10日間くらいの海外ツアーに2回参加した場合、実際にもらえる給料は20万円前後といったところでしょうか。もちろん登録している派遣会社によって、多少の待遇は異なります。

 

海外添乗員の年収について

 

「海外添乗員」という職業に憧れを抱いている人は多いです。世界各地を飛び回る姿、臨機応変な対応はとてもかっこいいですよね。実際に旅行ツアーなどに参加したときに一緒にいた添乗員に憧れて、自らも志すようになったという人もいるでしょう。
そんな「海外添乗員」ですが、実際に働くとなると気になるのは「給料」や「年収」ではないでしょうか。職業にするとなると、やはり生活がかかってきますから「年収がどのくらいなのか」は気になるところです。今回は、「海外添乗員の年収」についてお話したいと思います。

 

結論から言いますと、海外添乗員の年収はあまり高くはありません。一般的なサラリーマンの平均年収は約400万円なのですが、海外添乗員は250〜300万円ほどのところもあります。海外添乗員の給料は日当制であることが多いので、「何日仕事に行ったか(仕事があるか)」で年収かなり変わってきます。海外添乗員は添乗員専門の派遣会社から派遣された「派遣社員」がほとんどなので、残念ながらボーナスもないことが多いです。同じ添乗員でも、国内よりは海外のほうが年収は高めのようです。

 

海外添乗員の年収は、どの派遣会社に登録するかによっても変わってきます。おすすめは「旅行綜研」という旅行航空業界専門の派遣会社です。未経験でも「プロの添乗員」になるまでしっかりと育成してくれると評判も良いですよ。派遣先には有名航空会社も多いので、仕事がない!ということもほとんどないのです。仕事がなければお給料はもらえません。どこの派遣会社に登録するかは、年収に直接関わってくる重要なポイントなのだと思います。